4620円 有田焼 真右エ門窯 天目型ぐい呑 辰砂 ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 和酒器 /category/TOPS/133827.html,有田焼 真右エ門窯 天目型ぐい呑 辰砂,4620円,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 和酒器,gesdeco.com 高額売筋 有田焼 真右エ門窯 辰砂 天目型ぐい呑 4620円 有田焼 真右エ門窯 天目型ぐい呑 辰砂 ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 和酒器 高額売筋 有田焼 真右エ門窯 辰砂 天目型ぐい呑 /category/TOPS/133827.html,有田焼 真右エ門窯 天目型ぐい呑 辰砂,4620円,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 和酒器,gesdeco.com

(訳ありセール 格安) 高額売筋 有田焼 真右エ門窯 辰砂 天目型ぐい呑

有田焼 真右エ門窯 天目型ぐい呑 辰砂

4620円

有田焼 真右エ門窯 天目型ぐい呑 辰砂

商品の説明

【真右エ門窯】「ぐい呑は、作り手にとっても、とても思い入れをもって作るものだから、その作家の特徴が色濃く出てるものです」と2代目真右ェ門の馬場九州男さんは語ります。“作家の器を何かひとつ欲しいのだけれど”と相談されたときは、「まず『ぐい呑』からが良いんじゃないか」と勧められるそうです。その真右ェ門窯(馬場九州男さん)の「ぐい呑み」のご紹介です。【釉薬について】陶磁器の表面をおおっているガラス質の部分を釉薬(ゆうやく)といいます。真右エ門窯の技の最大の特徴は、窯の中で熱によって化学変化を遂げる釉薬(ゆうやく多種多様な色彩の使い方、その美しい窯変の技でしょう。【辰砂】釉中(ゆうちゅう)に含まれる銅分が、窯の中で強い炎の中で、天然鉱物の硫化水銀と還元し発する赤色を「辰砂」といいます。明朝の時代には、「宝石のような美しさ」とも言われ高く評価されていました。辰砂には淡い辰砂から濃い辰砂まで様々ありますが、真右エ門窯が目指している辰砂の仕上がり色は、濃厚なルビー色です。厳選された磁器のみを素材に使用し、1300℃の窯の中で、長い時間をかけて焼きあげられる「神秘的な赤の世界」を作り上げる技が真右ヱ門の使う「辰砂」です。辰砂は、釉薬の調合や火の強弱、窯の状態、などのさまざまな条件により微妙に色合いが変化する大変難しい釉(=うわぐすり)であり、それゆえこの真右ヱ門の「深いルビー色」こそ、辰砂のもつ彩の可能性を知らしめてくれるものであり、また、真右ヱ門の技の真骨頂を見せてつけくれる釉薬ともいえるのです。

有田焼 真右エ門窯 天目型ぐい呑 辰砂

注目スレッド

ページの先頭へ戻る